Ultra-Distance Paddling Touring In North HokkaidoTeshio River
Japanese version English version 
ダウン・ザ・テッシ-オ-ペッ2021
powered by
 NPOダウンザテッシ

 NEW
北海道遺産 天塩川カヌーツーリング大会 ダウン・ザ・テッシ-オ-ペッ 2021 開催中止のお知らせ


平素より北海道遺産 天塩川カヌーツーリング大会「ダウン・ザ・テッシ-オ-ペ ッ」の開催に対し、ご支援ご協力を賜り誠にありがとうございます。
1992 年から毎年開催されていた標記大会ですが、昨年に続き、「ダウン・ザ・ テッシ-オ-ペッ 2021」は、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せないこと などから、開催を中止することといたしました。

全国各地から参加者を迎える本大会は、徹底した感染対策を講じ、規模縮小 してでも開催できないか検討協議を重ねてきたところですが、開催によって生 じる様々なリスクに対し、それを払拭する有効な手段の保証がなく、また、役 員・スタッフが不安を抱えたまま準備作業や大会任務に就くことは望ましくな いこと、ワクチン接種は進んでいるものの、完了はまだ先で、変異株や無症状 感染など、まだまだ収束が見通せないことなどから、再び、中止の判断となり ました。

「ダウン・ザ・テッシ-オ-ペッ」は、北海道天塩國を代表するカヌーツーリン グイベントとして、また、天塩川流域の素晴らしい魅力を体験できる大会とし て多くの方々に愛され、1992 年から歩みを進めて参りました。
今では道内外か ら、毎年約 100 艇・200 人、これまで延べ 5,300 人以上の参加者の方々にご参 加いただいております。
ただし、2021 大会は中止となりますが、この事態が収束に向かい、開催が可 能と判断した場合は、改めて皆様と天塩川でお会いしたいと考えております。

最後に、参加者の皆様をはじめ、この間、本大会の開催に向けご支援ご協力 いただいた関係団体の皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。
今後とも、ダ ウン・ザ・テッシを何卒よろしくお願い申し上げ、2021 大会開催中止のお知ら せといたします。

 2021 年(令和 3 年)6 月 28 日
  NPO 法人 ダウン・ザ・テッシ 理 事 長 酒 向 勤
ダウン・ザ・テッシ実行委員会 実行委員長 吉 川 一 茶
Hokkaido Heritage Teshio River Canoe Touring Competition Notice of Cancellation of Down the Tessy-O-Pet 2021
Thank you very much for your continued support and cooperation in organizing the Hokkaido Heritage Teshio River Canoe Touring Competition "Down the Tessy-O-Pet". We have decided to cancel the Down the Tessio River Canoe Touring Competition "Down the Tessio River 2021", which has been held every year since 1992, due to the unpredictable situation of the new coronavirus infection. However, there is no guarantee that effective measures will be taken to eliminate the various risks that may arise from holding the event, and it is undesirable for the board members and staff to perform preparations and duties for the event with anxiety. The decision to cancel the event was also made due to the fact that the vaccination process is still in progress, but it is not yet complete, and there is still a long way to go before we can expect to see an end to mutated strains and asymptomatic infections. Down the Tessie O-Pet has been held since 1992, and has been loved by many people as a canoe touring event representing the Teshio region of Hokkaido, and as an event where people can experience the wonderful attractions of the Teshio River basin. The event has been held since 1992 and has been loved by many people as a representative canoe touring event and as an opportunity to experience the wonderful attractions of the Teshio River basin. Every year, about 100 boats and 200 people from inside and outside of Hokkaido participate in the event, with a total of more than 5,300 participants to date. However, the 2021 event will be cancelled, but we hope to see you all again at the Teshio River when the situation is under control and it is deemed possible to hold the event. Lastly, I would like to take this opportunity to thank all of the participants and all of the organizations that have supported and cooperated with us to make this event possible. We would like to take this opportunity to thank all the participants and all the organizations that have supported and helped make this event possible.
June 28, 2021 (Japan Standard Time)
Tsutomu Sako, President, NPO Down the Tessie
Kazusa Kichikawa.Down the Tessie Executive Committee Chairman



 

動画 天塩川「ダウン・ザ・テッシの4日間」
北海道の名付親「松浦武四郎」さん
武四郎さん(1818~1888年)は、28歳~41歳まで6度の北海道探査を行なった探検家です。
5度目の踏査のとき(1857年-安政4年)、丸太舟で日本海から天塩川上流まで遡上しました。
51歳のとき明治維新政府に開拓判官という役職に任命されて道名や地区境界の選定に関わりました。
北海道を何度も訪れるうちにアイヌ語を理解した武四郎さんは、天塩川音威子府でアエトモからアイヌの人たちが自分たちのことをカイ(この地に住む人)と呼んでいることを知って、北加伊道を含めた6案を提案しその後「北海道」と命名されました。
北海道暦151年の今年のダウンザテッシはその命名の地を巡る記念の大会です。
 武四郎さんは調査報告書の随所に「アイヌ民族の命と文化を救うべき」と書き残し、長年の功績から従五位という位を贈られましたが、止まないアイヌ民族への差別に憤り、開拓使を半年ほどで辞職し従五位を国へ返上しました。
いまでも武四郎さんは地元の文化や風土を大切にした人として、天塩川流域で誇りを持って語られています。
 NEW 天塩川カヌーカレンダー
NEW   中古カヌーの部屋
   天塩川リバーマップ
   (PDF 36MB)
   ダウン・ザ・テッシて何?
   大会の歴史
   参加者必読!
安全なカヌー基礎知識
   コース危険ポイント地図・動画
   大会お知らせ掲示板
   装備品
   服装規定
   参加可能な船
前大会見本 
 2019事前通知.
2019スタート・ゴール・キャンプ地図.
 2019健康申告書
2019日程詳細
   2019大会規定pdf
2019パンフレット表pdf
2019パンフレット裏pdf
 2019申し込み用紙表.pdf
 2019申し込み用紙裏pdf
 2019事前講習会案内.pdf
 2019区間コース図0.pdf
   過去大会アルバム
2017DT画像
2016DT画像
天塩川水位 水 量
mail
 

なんもなんもよく来たな! やっとかめだな さあいくべ!
 俺らの旅はまだゴールに達してないしな
 松浦武四郎
探検者・浮世絵師
雅号は北海道人
北海道命名の父
 酒向勤  
大会長
北海道カヌー
協会理事長
 吉川一茶
実行委員長
北海道カヌー
協会普及部長
川班シープドック
 草野孝治
ダウンザテッシ
事務局長

陸班
 海野芳明
競技安全部長
川班

  1992年から続くダウンザテッシは、多くの仲間と100マイル漕ぎ切りました。
        漕ぎ切ったテッシマスターの名は記録し顕彰されています 一度訪問してみてください
        ククサつくりの体験や、おいしいコーヒーに落ち着く空間が待っています
                      天塩川流域恩根内 アートビレッジ恩根内において壁に刻まれています
                      〒098-2361 北海道中川郡美深町字恩根内25
天塩川
日本のてっぺん。「北・北海道」
その中心を北に向かって日本海にそそぐ
天塩川は全長256㎞
そのうち160キロ(100マイル)は堰堤など河を寸断するものは無く一週間も漕ぎ下れる!
国内唯一のロングツアーのできるカヌー天国
! 
1.ダウンザテッシってなに?
「天塩川」「下り」のアイヌ語と英語の造語です。
1992年から続く天塩川を下る伝説の国内最大リバーカヌーのツーリングイベントです。
毎年2日間のキャンプをしながら天塩川の40~50㎞区間を下り4年に一度100マイル(160㎞)一気にリバーツーリング・キャンプをするという雄大な北海道にふさわしい壮大なカヌーのエクスペディションです。1992年から続き、今も天塩川マスターを育て歴史を刻み続けています。セルフレスキューができる経験者とその庇護を受け同乗する者だけに参加資格は与えられる
2.原始をとどめる北への流れ 北海道天塩川
北・北海道の歴史はから始まる
原生林に覆われた大地の唯一の路は「

海と山をつなぐ唯一の道は
チョウザメやイトウが棲み、
先住のアイヌの人々がいにしえに生活し
武四郎が調査の旅のおり、北海道と名付け
交易船が上り下りした
大河
鉄路も路無き時代唯一川で行き来した
北海道開拓民の末裔の僕らのDNAには
川への思いが刻まれている。
天塩川が春の日差しで流れを取り戻す頃
もう
に行きたくて行きたくて胸が焦がれ騒ぎ出す
いにしえの時と今を結ぶ、小さな手作りの
カヌー
僕らは
カヌーで時間と水の流れを旅する
3.より厳しいレギュレーションになったし(なりました)
なんでかって?レスキュー出動が増えスタッフが消耗しては大会継続はない。
まっすぐ漕げない者はすでに参加資格が無い!命がかかってることを忘れてはいけない。参加者スキルが問われる!
 一日40キロ以上「君は漕げるか?」
 漕艇中止命令を参加者に厳格適用します。
①他の参加者の安全にかかわるほど集団より遅れた場合は足切り。
②まっすぐ漕げない場合、漕艇中止!失格!
③エントリー無し(無保険)でカヌー漕いだらチームごと永久追放。
 チームも事情知る他チームも失格!ごんぼほっても、文句は聞かない
④参加申請に安全にかかわる虚偽申請がある場合は失格。
 特にセルフレスキューできないのに、できると偽って参加した場合は失格。
 漕艇技術に不安な時は、事前講習会に参加すべき、講習会に参加してもスキルが ない場合は大会参加見合わせいただく
 スペシャル大会に「初参加」希望の方はそれまでのしっかり漕艇技術を身に着け てくだ
さい。HCCC会員になり安全講習を受けましょう!
4.レンタル艇は用意しているけどやたらに貸さない!
お手軽に参加されたら かやる(ひっくり返る)んだわー。以下のようなことを考えてるのはあます(手にあまるほど問題外)からあっぽん(まぬけ)で参加できません。川に出たらなんでも他人に、かつける(他の人のせいにする)ことはできない!だるい(大変な)ことこそやれ(しましょう)。自分の道具で!責任は自分で!はんかくさいやつ(まぬけなばか)は ぼっこ(棒でたたくため)もって ぼっかける(たたくためおいかける)さ。
●装備は無いけどレンタルしよう・・・・・・・・・貸しません。
●スキルがないけどカヌーくらいなら漕げそう・・・乗れません
●自艇は無いがレンタルですまそう・・・・・・・・貸せません
(遠路などで運ぶことが困難な場合のみレンタル艇を使用可)
●普段はカヤックだけど今回2人なのでカナディアンを借りよう・・・貸しません(乗り方も使い方も判らない人にカヌーは貸せません)
●レンタルで数回乗った事があるけど・・・・・・・・自分の艇が無い人は無理
●海外から行くけど貸してくれる?・・・・・・経験十分あるならお貸しします
5.ここは北の涯!
都会からは なまら(とっても)離れて人里からも遠いしょ!

テッシの語源はアイヌ語の簗
(やな・魚を捕るわな)を掛けるところの意味
それだけ自然の簗や岩が多く障害物が多い。
上流・中流・下流と気候や地形も変化し同じ1日に秋と夏がある。そんな自然の厳しさと美しさが此処にある。
原始の
河川の面影が随所にあり全長256㎞のうち100マイル(≒160㎞)が堰堤なく一気に下れ、サクラマスはもちろんイトウやチョウザメにも会えるかもしれな
6.わや(大変な事)にならんよう
カヌーの準備は怠りないか?

使用艇
川それもロングツーリングでは安全上使えるのと使えない物がある
せっかく来たのに、スタート前の船や安全装備の検定で失格すると悲劇だから気をつけよう!故障でのリタイヤ そんなことがないように事前点検とカヌーの選択は大事だ!市販艇でも玩具みたいな物には命を預けられない。ボートなど後ろ向きで漕ぐ船はカヌーじゃない。手作りカヌーやカヤックも普通の形・強度の出る素材じゃないと、申し込み前(検定前)の写真での審査をする対象だよ適さない物のほとんどは剛性の足りないものか漕艇スピードが遅いもの!(パックラフトや安価のビニールカヌー)そんな船持ち込まれたら自分ばかりか、全体を危険にさらす
7.しゃっこい(冷たい)水だから、
安全装備は気にかけれ(注意せよ)!

安全装備品
厳しい規定は君を守るため 厳しい規定は命を守るため
ちょっとの油断が怪我につながり
大事なものを川に沈めて!後悔することになる
天塩川には アウトドアショップはない!
自分のことは自分でする!そのためには普段の準備が大事
自分で決めれないやつは 出られんペインターロープや浮力袋と言われて、なんだかわからないのは この大会に出る資格はない!
ライジャケ(PFD)警笛・浮力袋・ペインターロープにレスキューロープ。大事な人には、より品質を厳しくな
8.パドリング教室(講習会)するから
みんな 参加すれ(しましょう)!


漕艇スキルに不安な君や
カヌー
のセッティングに不安な君のためにやっちゃる(やってあげましょう)!楽な漕ぎ方やリカバリーおよびセルフレスキューの
実際を経験し、よりたくましい
カヌーイストを目指すんだ
競技安全部のスキルアップ講習を兼ねる
9.安全なカヌー基礎知識 
一日に季節が3つめぐり、真夏でも夜は火が恋しい 雨が降ると途端に体感は冬! 風が吹くと体温と湿度が急激に奪われる北北海道の過酷な野外。ひと雨来ると、濁った水で水深もわからず テッシや障害物も見えなくなる。北に行くほど気温が下がり 田んぼ・畑・渓谷・牧草地と地形は変わる。風が同じ方向から吹くとは限らない 川で風にあおられカヌーは沈する。川の上で何時間も同乗者を守りながら漕艇 スキルがなければ気力もう失われ。 前に進めず。 
広大な自然の中で生きられるよう、仲間である君だけに授けよう 自分と仲間を守るための、先達の智恵の書 しっかり読む解くことからカヌーは始まる
10.この二日間は、一人じゃないっしょ!
はっちゃきこいて(張り切って一生懸命に)漕ぎ、多くの仲間に出会い、笑いしたっけ(そうしたら)、青春の日々の様に熱く語るべし!
最大のリバーツアーは最高のカヌーミーティング!
すごい経験を共有する。もっとすごい経験をしたすごい人に出会えるかもしれない。様々な形のカヌーオーナーに出会え、触ったり見たこともない形のカヌーやアウトドアの斬新なアイデアに触れるかもしれない。出合いは明日からの日常を豊かにし、一生の仲間や生涯の師匠を見つけられるかもしれない。決して見つけてもらうのでなく、自分から歩き回り声を掛けることだぜ。くたびれて一人テントに寝ている暇なんかない
公式グッズ オンラインストアー
ポイントTシャツ
  2.600円
ダウンザテッシマグ
  2.300円
ポーテージTシャツ
  2.600円
11.ダウンザテッシ公式グッズ1
マグ・ポーテージT・レスキューポイントTシャツ 買うべ
実行委員会では、参加者負担をできるだけ少なくするために手弁当で努力してきたが、難しい時代じゃあ・・・20年以上でレスキュー用のカヌーもボロボロ、無線の水没数知れず・・。
そこで頼むぜ仲間たち!1枚どうだい?!
レスキュー充実のため一肌脱いでくれ、じゃなかった?!
一枚着てくれ!レスキューポイント(コースの危険ポイント)プリントシャツで安全に下ろうぜ
12.カヌーサポーターになりませんか?
あなたが見た夢は終わらない!カヌーを30年もしていると最近多くの友達がカヌー終活を始めたと聞く。そんなわけで古いカヤックを先日もらった。
もしあなたが終活を始めてカヌーの置き場に困るのであれば、また新しい趣味を持ち大きなカヌーの置き場所に困るならダウンザテッシ実行委員会に預けて次の世代に託してみては?あの日見た夢が、今もこの川を下る若い手につながりあなたの夢は終わらない。    

中古カヌー募集中  新艇購入募金募集中

A.北海道からカヌー選手を国体に送ろう!
B.北海道の障害者カヌー選手をオリンピックに送り出そう!
 実行委員会実行委員長 吉川

13.流域カヌー行事
14.この大会は多くの仲間で作られてるんだ。どってんこいた!すごいべ!なまらあずましい
主    催
NPO法人ダウンザテッシ
主   管
ダンンザテッシオペッ実行委員会
共  催
北海道新聞社 
北海道カヌー協会 
北海道カナディアンカヌークラブ
後援予定
北海道開発局 
北 海 道 
公益財団法人はまなす財団 
一般財団法人北海道河川財団
一般財団法人石狩川振興財団 
道北観光連盟
 
テッシ・オ・ペッ賑わい創出協議会 
きたいっしょ推進協議会 
天塩川ルネッサンス会議
北の星座共和国建国推進事務局 
名寄市
美深町 
音威子府村
中川町 
幌延町
天塩町
名寄市教育委員会
美深町教育委員会 
音威子府村教育委員会
中川町教育委員会
幌延町教育委員会
天塩町教育委員会
名寄観光協会
美深町観光協会
音威子府村観光協会
中川町観光協会
幌延町観光協会
天塩町観光協会
NHK旭川放送局
名寄新聞社 
北都新聞社
㈱エフエムなよろ 
協力予定
北大カヌー部
 北海道教育大学岩見沢校アウトドアライフ専攻
  地域カヌークラブの皆さん
 地域住民の皆さん 
地元自治体の皆さん
特別協賛予定
finetrack
(有)メルカトル 
(有)シーズ
一般財団法人 石狩川振興財団 支援・助成事業
協賛予定地元企業および個人
和寒町 剣淵町 士別市 名寄市 美深町 音威子府村 中川町 幌延町 豊富町 天塩町

Copyright 1988 - 2021 Hokkaido Canadian Canoe Club All rights reserved